子供と一緒に100円貯金の解説

子供と一緒に100円貯金

"私が今までした節約の中で一番楽しく節約できたのは、小銭貯金です。
それも、家族と一緒にすること。
毎日100円貯金をはじめ、缶に入れていました。すると幼稚園の娘が、缶に入れた際の「チャリン」という音が楽しげに聞こえたのか、寄ってきました。「なにしてるの?」と聞くので、100円貯金のことを話しました。すると、私も私も!と一緒に入れたがるようになりました。
娘が喜ぶから、100円あることにちょくちょく入れるようになり、また主人にも「100円一緒に入れようよ」言い、どんどん入れました。
缶の貯金箱は一度お金を入れたら、缶を壊さない限りお金を出すことはできないので、貯まるばかりでした。
数ヵ月後に大変重く、チャリンという音も鈍くなり、開けました。缶いっぱいに貯めて5万円という貯金箱だったので、結果は4万5千円台でしたが、大変嬉しかったです。
娘が楽しさ優先で、いつも「入れよう、入れよう」と誘ってくれたおかげで、これだけ貯まったと思います。1人でコツコツしていたら、途中で投げ出したはず。
娘に感謝です。"