厳しい社会情勢の解説

厳しい社会情勢

"いまや、社会問題になっている、少子高齢化社会が目の前にやってくると言う、ニュースを多く耳にします。実際、今の経済状況から考えても、厳しい社会環境で、最近のニュースでは、生活できないので生活保護をもらう人が多くなってきたと、ニュースや新聞等を読んで、社会の情勢の厳しさを痛感します。
そして、経済も厳しい状況の中、消費税率アップにもなり、社会全体の危機的状況です。そんな中で、年金なんてもらえると思えません。ですが、今まで働いて納めてきた年金だけでも、かなりの金額です。これからの少子高齢化社会を考えれば、4人に1人が高齢者を支えなくてはならない現実が待っています。いまや、女性の社会進出で、結婚も晩婚化が進み、子供も
欲しくてもできない状況も増えていると、先日、ニュースで見ました。
まず、改善すべき点は、少子高齢化社会に対応できる、働きやすい社会環境を整え、少子化問題に着目し、改善できる点は、先まわしではなく、実行し、消費税率改正ととに、少子化、経済状況を最低限確保し、年金確保に努めていただきたいと思います。
"